事業案内

business

Trimble製品

時刻同期 ICM SMT 360

サイズに特徴がある
超小型マルチGNSSタイミングモジュール

微弱信号の環境に最適

Trimbleは、フェムトセル(半径数メートルから数十メートルの極めて小さな無線通信エリア)やインビルディングシステムなど、もっとも困難な微弱信号の環境で動作するようICM SMT 360タイミングモジュールを設計しました。
微弱信号の環境での安定したパフォーマンスを発揮するため、ユーザーはコストがかかるケーブル配線と外付けアンテナを省略することができます。
加えてICM SMT 360タイミングモジュールは増幅された感度が最高レベルで要求される環境で補助データを受信します。

PPSと周波数出力

ICM SMT 360タイミングモジュールは高精度の1PPSと10MHz周波数を出力しネットワークパフォーマンスを最大化し、地球レベルでシステムを同期します。
また、量産用にカスタム周波数もご利用頂けます。

標準的なタイミング特性

ICM SMT 360タイミングモジュールは、RAIM機能アルゴリズム、自動セルフサーベイ、そして正確な基準周波数を供給するGNSS基準周波数発生器(GNSSDO)など、Trimbleの標準的なタイミング特性の多くを備えております。

キャリアボードと試験キットのオプション

ICM SMT360タイミングモジュールはお客様のアプリケーション基板に直接装着することができます。
試験キットはICM SMT 360を評価するのに必要な全てをご提供します。
キャリアボード、AC/DCパワーコンバーター、アンテナ、USBインターフェースケーブルなどがセットになっております。

受信信号 GPS、GLONASS、Galileo(注1)、Beidou、QZSS
ポジショニングシステム

SPS(標準測位サービス)、時系

1PPSタイミング精度 15ns(1シグマ)
ホールドオーバー安定性 <±7ナノ秒 over 5分間
(最小限1時間稼動)(100ppb over 24時間)
更新レート 1Hz
定格最小捕捉感度 -148dBm コールドスタート
定格最小追跡感度 -162dBm
初期位置算出時間(注2) <46秒(50%)、50秒(90%) コールドスタート
再補足までの定格時間 <2秒(90%)
シリアルポート 2シリアルポート
PPS/even second CMOS互換
LVTTLレベルパルス、1秒に1回
プロトコル TSIP、NMEA0183

注1)ハードウェアは用意:Galileo衛星を利用するにはファームウェアのアップデートが必要です。
注2)TTFFと再捕捉のために与えられるパフォーマンス基準と時刻は、GPS衛星の配置によります。

筐体 メタルシールド
寸法

19mm (幅) x 19mm (長さ) x 2.54mm (高さ)

重量 シールド含めて1.8グラム(0.06オンス)
電圧範囲 3.3VDC ±5%
消費電力 最大0.5W

Maximum, over temparature range

-100dBc/Hz@100Hz
-120dBc/Hz@1KHz
-135dBc/Hz@10KHz
-140dBc/Hz@100KHz

定格

-105dBc/Hz@100Hz
-135dBc/Hz@1KHz
-140dBc/Hz@10KHz
-145dBc/Hz@100KHz
pagetop